第15話「必死の逃亡!!異次元のヤマト!!」の感想・レビュー

宇宙戦艦ヤマト 第15話「必死の逃亡!!異次元のヤマト!!」

第15話「必死の逃亡!!異次元のヤマト!!」はヤマトが四次元空間で遭遇したドメル艦隊から逃げ切るお話。

四次元空間からの脱出

銀河系から外宇宙へと出て中間地点バラン星を目指していたヤマトは航行中に突然揺れ出します。更に波動エンジンの出力が低下し、最後には停止...全て原因不明でした。ヤマトは補助エンジンに切り替えて航行する事になります。そしてメカニカルトラブルを抱えたヤマトの前には謎の気流が姿を現します...。

謎の気流は分析の結果から水素と判明し、ヤマトはそのまましばらく進むけど...気が付くとヤマトはマゼラニックストリームに落ち込んでいたみたいでした。それもただ単にマゼラニックストリームに落ち込んだだけじゃなくて異次元断層にはまり込んだみたい...。ヤマトの周りには異次元断層から脱出出来なかった幾多の宇宙船の残骸が漂っていました...。

そこに四次元空間での戦闘に備えて演習中だったガミラスのドメル艦隊が現れます。ヤマトを発見したドメル艦隊は駆逐艦を先発隊に出します。波動エネルギーが一切使えない状態だったヤマトはこのたった一隻の宇宙駆逐艦に対して背中を見せて逃げる事に...逃げ切れる間はとことん逃げるつもりみたい...。

逃げるヤマトを見たドメルは3000の艦隊でこれを追跡。ヤマトはこのドメル艦体の激しい砲撃に晒されながらひたすら逃げ、出口を探します。途中からは主砲で応戦しながらの逃走に切り替えるけど、ドメル将軍にはヤマトの調子が悪い事を見破られていました。

ドメル艦隊の攻撃が激しさを増す中、ヤマトは謎の白いモヤのようなものに取り付かれます。そして謎の白いモヤにエネルギーを吸い取られて行き、全ての機能を停止していました。艦の機能は停止し、ドメル艦隊が後ろに迫り、打つ手無しのヤマト。でも、その時、イスカンダルのスターシアからの通信が入ります。

スターシアは通信で、ヤマトがいかなる試練にも打ち勝たなければならない事、ヤマトの愛と勇気と実行力に期待している事、次元羅針盤の示す方向を目指せと言う事を伝えます。そしてスターシアの声が止むとヤマトは正常な状態に戻っていました。波動エンジンも回復し、ヤマトは羅針盤の示す方向へ向かって全速前進。水素気流の脱出と共にワープに入り、敵ドメル艦隊を振り切っていました。計器が全て停止状態の中でスターシアがどうやって通信をして来たのか、スターシアの通信の後にどうして突然ヤマトの機能が正常な状態に回復したのかは不明です...。もしかして超常現象なのかな...。地球の滅亡まであと273日です。

ヤマトの航行スケジュールの遅れ

ヤマトは地球出発から40日で通過するところを地球司令本部の宇宙局で作った日程よりも23日遅れで通過していました。人類滅亡の日までに間に合うのかな...だんだん心配になって来ました。

マゼラニックストリーム

マゼラニックストリームは簡単に言うと水素の気流の事みたい。島大介の話によると、マゼラン雲は昔は太陽系付近にあったんだけど、それが銀河系を遥かに通り越して水素ガスの尾を引きながら現在の位置まで移動したそうです。その時に銀河系とマゼラン星雲の間に出来た水素ガスの尾がマゼラニックストリームのようです。

マゼラニックストリームの幅は数億キロ、全長は16万4000光年、水素ガスの総量は太陽の10倍になり、水素の噴流は毎秒200キロでマゼランから銀河系へと流れているそうです。

バラン星

見た目は黒く、一部に赤い帯が見られる星です。陸地側から見ると空は赤く、雲も赤い色をしていました。ガミラス銀河方面基地があります。

ドメル将軍

ドメル将軍は艦隊を引き連れてバラン星へとやって来て、銀河方面基地の司令官に就いていました。その前はマゼラン星雲方面司令官だったみたいです。

ドメル将軍は艦隊を出して第六区四次元練習場で大演習を行っている中でヤマトを発見し、ヤマトを沈めに行くけど...最後はヤマトに上手く逃げられていました。

ドメル将軍のタイプライター

ガミラス人は高い科学力を持ってるはずなのに何故かタイプライターで文章を打っていました...。レトロブームなのかな...。

森雪のコーヒー

森雪の淹れるコーヒーは美味しくないみたい。ヤマトの第二艦橋でクルー達に配っていたけど不評でした。森雪に一応の気を使っている人もいたけど...進んで飲みたくなるようなものではないみたい。

ゲール

ゲールはドメル将軍が来るまでは銀河方面司令官だったみたいだけど、ドメル将軍が銀河方面司令官に就いた事により副司令官に降格していました。

ゲールの趣味の悪さはガミラス前線基地随一らしいです。基地にあった家具やコレクションはドメル将軍に受け入れてもらえませんでした。姫が見ても判断に苦しむものが多かったけど、ガミラス人の目から見てもそれは同じみたいです...。

スターシア?スターシァ?

スターシアは今までのエンディングでは「スターシア」になっていたけど、第15話のエンディングでは「スターシァ」になっていました。どっちが本当なのかな...。

TOPへ